メンズエステの勧誘が怖くて迷っている人へ/メンズエステの隠れ家

エステって興味ある!格安体験もあって行ってみたいけど・・・。勧誘とか、スゴイのかな・・・?

メンズエステの隠れ家 サイトマップ

メンズエステの勧誘が怖くて迷っている人へ

今はメンズエステも珍しくなくなりました。無料体験や数千円での体験が出来たりと、男性にとってもエステは身近なものです。
それでも「体験」といえど二の足を踏むのは「男がエステなんて」より「勧誘がキツそう・・・」ではないでしょうか。
最近のエステ事情としつこい勧誘の断り方を見ていきましょう。

メンズエステは勧誘がすごい?

エステ業界は勧誘が激しいと思われています。実際にそういう時代もありましたし、エステシャンはノルマがあったり給料が歩合制だったりするので必死な部分もあると思います。

しかし現在は、消費者センターができたりクーリングオフ制度が出てきました。
そしてこのネット社会、悪い噂はあっという間に広がります。

その為、昔のような強引な勧誘は減ってきました。が、ゼロではないのが現状です。
営業職ですから勧誘というよりおススメや新しい商品の説明などは当たり前にあります。他の仕事であっても営業職に就いている人ならわかると思います。
悪い気持ちがなかったとしても、何も薦めてこないというのはあり得ないでしょう。これは仕方のないことです。

しかし、そればかりを気にしてせっかくのお得な体験を試してみたい、気にはなっているけど不安、という方が試してみる機会を失うのは勿体ないことです。

全く断りきれない性格の人は、本当に行こうかと検討している所以外の体験は行かない方が無難かもしれませんが、予備知識をしっかり入れて行けば怖くありません。詳しく見ていきましょう。

エステ勧誘は会った瞬間から始まっている

まず、体験に申し込んだら問診が最初にあります。名前や住所のほかに「職業」「気になる部分」「日頃のケア」などが聞かれます。

これは適切なサービスを行う為にも必要な情報ですが、悩みを解決できるコースや客の懐具合を見極められています。
全く行く気がないけど体験だけしにきた場合は「正社員」などは書かない方が良いです。お金を持っていたりローンを組める条件が揃っていると判断されます。

かといって全く相手にならない程の客と判断されて施術に手を抜かれては困ります。興味があって来たという姿勢は貫いたまま、気になる部分は1つに絞り、1か月にかけれるお金は1万円前後という答えが無難でしょう。

そして問診票になくとも世間話や施術中の会話に「エステに行かれたことはありますか?」という質問はほぼ必ずあります。
ここで正直に「ない」と答えると慣れてないと思われてグイグイ来られるかもしれません。

「1回だけ」「体験だけ」など言っておくと良いでしょう。詳しくお店などを聞かれても「なんだっけ?カタカナだったかなぁ?」など濁してかわしてしまいましょう。

この流れになるとたいてい「どうしてそこに通わなかったor辞めたか」を聞かれると思います。聞かれなかったらこちらから切り出しても良いでしょう。
その時に「勧誘が凄すぎてやめました」と言っておくのです。
するとこの客は勧誘をしすぎると離れる、という事がスタッフの頭に入ります。

エステ勧誘の上手な断り方

施術中にも世間話のように上手に客のコンプレックスや情報を聞き出そうとします。そして施術が終わると、感想を聞かれたりコースや商品をお勧めされたりする時間があります。
言葉巧みに商品の魅力を押し出されるので心がぐらつく事もあるかもしれません。

そこで客がよく使う断り文句に「お金がない」というのがあります。
これはお勧めできません。

お金絡みで断るのはエステ側も慣れています。「月々5.000円で出来ますよ」や値下げした見積書を持ってきて「お客様の為に上司になんとか値下げをお願いしました」など逆に断りにくくなるような言葉をなげかけられてしまいます。

「他のお店と検討したい」「妻に相談しないと決められない」など、今日契約することに対するお得なサービスを並べられても「今日は契約できない」という意思表示をはっきりしましょう。

それでもしつこかったり、長引きそうなら「○時には次の予定があって出ないといけない」と言って帰りましょう。
施術にかかる時間をあらかじめ聞いておいて、それから30分後くらいを目安に最初から「今日は○時には出ないといけません」と言っておくのも良いと思います。

最初に「この後はご予定はございますか?」と聞かれるケースも多いです。
そんな時は「そうですね。何時ごろ終わりますか?」と聞いて「○時頃には出たいです」と伝えておきましょう。

もし、契約してしまったら・・・

強引な勧誘でなくても、言葉巧みに自分のコンプレックスを刺激されて「行ってみたいな」と思ってしまった。契約しないと帰れないような悪質店だった。こういう場合もあるでしょう。

そんな時はすぐにクーリングオフです。ただしクーリングオフには条件があります。
エステだと短期で5万円以内の契約であればクーリングオフの対象外になってしまいます。
そして契約日を1日目と数えて8日以内に書面で送る必要もあります。

「こんなもんクーリングオフじゃぁ!」と怒って店舗に電話しても手続きは完了しませんので注意が必要です。

手続きなど面倒ですが、出来る期間が限られているので、契約解除したいと思った場合はすぐに消費者センターなどに相談して解約の手続きに入りましょう。

手数料など、全額戻ってこない場合もあるので安易に「あとでクーリングオフすればいーや」という気持ちで契約はしない方が良いでしょう。

忙しい紳士こそしたい頭皮マッサージ→

メンズエステってどう選べばいいの?

風俗系のメンズエステに、一般的なメンズエステ。そして痩身・脱毛など本格的なメンズエステティック。お悩み・お楽しみに応じて選ぶべきエステは全く違います。

今すぐマッサージに!女の子に!癒されるメンズエステをチェックしてみましょう。

自分に合うメンズエステを見つけよう↓

エステドゥロア

ヌキありのエッチなマッサージを受けたい!

男なら性欲もスッキリ解消したい!そんな男性のための風俗系エステ情報はこちら。

風俗系メンズエステで性欲解消!

エステで癒されたい・男の悩みを解消するなら

ストレスを解消したい!そんな疲れた男性を癒してくれるエステ・マッサージについてはこちら!

メンズエステ・マッサージでストレス解消

メンズエステティックでコンプレックス克服

相互リンクページ

当サイトからのお知らせ

メンズエステの隠れ家-男のストレス解消ナビ(以下当サイト)では、掲載する全ての情報を厳重にチェックしておりますが、その真偽について保証するものではありません。当サイトの情報をご利用の際は、ご自身の責任でご判断いただきますようお願い致します。なお当サイトに掲載している全ての文章、画像等は無断転載禁止となっております。
メンズエステの隠れ家 管理人